ひでゆきの半人前写真生活

半人前写真家(half size cameramanと読みます)ひでゆきの、カメラと過ごす日々の日記や写真公開、手に入れた楽しい雑貨紹介のためのブログです。 仕事が休みの日、楽しいカメラ達を連れてお出かけしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

藤田一咲著 「ポラロイドの時間」

今日は、僕の大好きな本「ポラロイドの時間」の紹介です。

CAE8BCJQ.jpg

エイ出版社から出されているこの本は、ブログ内でもいつもお世話になっている、藤田一咲さんの著書です。

僕はこの本を、一年ちょっと前に手に入れました。

一咲さんはこの他にも「○○の時間」と言う、カメラや写真関係の文庫を数冊出されていて、その中の「少年カメラクラブの時間」と言う本を、「ポラロイドの時間」を手に入れる数週間前に買ったのが僕と一咲さんの本との出会いでした。
ホルガからカメラの世界に足を踏み入れ、まだ何も知らなかった僕は、とにかくホルガのことを知ろうと、ホルガのことが数ページ載っているその本を手に入れたのです。

そこには、懐かしく、癒される写真たちと、僕の心にすぅっと入ってくる文章が載せられていて、一瞬で一咲さんは、ぼくの憧れのカメラマンになったのです。

そしてしばらくしてから、更なる運命を切り開く「ポラロイドの時間」と出会ったのです。

当時の僕は、ポラロイドは、何年も使っていない“ジョイカム・ヒッパレー”しか持っていなく、ポラロイドのことは何も知らない状態でした。
ホルガにポラロイドホルダーをつけた機種や、その頃買おうか迷っていた“ポイズンフロッグ”が出ていたこと、それから、「少年カメラ~」の一咲さんの本を、もっと見てみたいと思ったのが入手のきっかけです。

そして本屋さんから連れて帰り、次々とページをめくり・・・て、実は順を追ってページをめくったわけではなくて、好きなところからパラパラと開いたのですが(だって、一咲さんご本人が、この方法を「はじめに」で推奨されてるんですから)・・・とにかく、ページを開く度に一咲ワールド、ポラロイドワールドに引き込まれていったのです。

中に書かれているポラロイドの紹介、ポラロイドにまつわる物語、暖かみのあるポラロイド写真すべてが、僕にとって新鮮で、それでいてすんなりと心にフィットするものでした。

後半には、ポラロイド図鑑と称される資料も載っていて(ネットも含めて、これほど価値のあるポラロイドの資料は、他に無いんじゃないかと思います)、前半でのんびりとポラロイドのレクチャーを受け、後半はポラロイドの大資料室に通されてポラロイドに埋もれる時間を過ごすといった感じの構成になっています。

結局僕はこの本の影響で、まずはポイズンフロッグの購入を決め、続いて格安でsupercolor635を入手、そして今夏、あこがれのSX-70を手に入れる事になったのです。

この本は、何度も開いてしまいたくなる感じで、暇があるとベッドの上の本棚から引っ張ってきて、パラパラと開いては、一咲ワールド、ポラロイドワールドに浸っています。

そんな楽しくて癒される「ポラロイドの時間」ですが、どうやらこの本は、人と人とを結びつける不思議な力を持っているようです。
今年の7月、SX-70を買うため、信頼できて品数も豊富そうなお店=on and onさんをインターネットで見つけ、実際にお邪魔したとき、今ではすっかり仲良しになったオーナーと、初対面ながら一気に打ち解けるきっかけになったのも、店に置かれていた「ポラロイドの時間」でした。
「あ☆これ、僕も持っていますよ」「そうなんですか?これ、すごくよく調べられていていいんですよねぇ」と、こんな感じのやりとりで、オーナーも僕も、一咲ファン、「ポラロイドの時間」ファンって事で、どんどん話が弾みました☆

この本のおかげで手に入れたSX-70が僕のカメラコレクションの中に加わったことで、ホントに僕の写真生活が、より幸せなものになりました。

そんな大好きな「ポラロイドの時間」、最近僕は、この本を配っています。二回前のブログに書いてあるので、もうみなさんご存じですね。

僕が、持っているだけで幸せと癒しを得られるこの本、ポラロイドが好きな人、カメラが好きな人、癒されることが好きな人には、是非手に入れて欲しい一冊です。

実生活で僕の近くにいる人は、僕に「欲しい!」と言ってください。そうでない人は、是非本屋さんで探してみてください☆☆
スポンサーサイト

テーマ:Polaroid - ジャンル:写真

  1. 2007/10/27(土) 09:59:33|
  2. 出来事・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

オートハーフEFの写真3枚

オートハーフEFで撮った写真3枚です。
修理から戻ってきたばかりのカメラなので、一般的なネガフィルムで試し撮りのつもりで撮るのが普通ですが、手元に、以前カメラ友達に頂いた、フジのISO100のフィルムしかなかったので、強引と知りつつも、それを入れて撮影しました。
現像、プリントは、名古屋大須の「rain roots」さんに、クロスプロセスという技法で焼いてもらったので、独特の色合いになっています。

立体交差
20071113205157.jpg

9月、名古屋市内の高速道路分岐点の下で撮りました。


新幹線N700系のぞみ
20071113205124.jpg

同月、on and onさんに向かう途中、名古屋駅にて。


神戸ポートタワー
20071113205211.jpg

初めての神戸にて。SX-70での作品にも、同日、同所の物があります。他にも、Kodak WINNERとアガートでも撮りました。


テーマ:ハーフサイズカメラ - ジャンル:写真

  1. 2007/10/25(木) 00:36:24|
  2. オートハーフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ポラロイドの時間」を五冊も買った理由…

そうそう!14日書いた、同じ本=藤田一咲さんの「ポラロイドの時間」を沢山買い揃えた理由を書かないといけませんでした。

先ほど、著者の藤田一咲さんのブログで「5冊も買ってどーうすんですか?」と、ご本人から質問を頂いたので…(^_^;)

一言で言うと、配るために買い揃えました。

一咲さんの本を配ることは、幸せを配ること。そしてその幸せは自分に戻ってくる…と、一咲さんが冗談でブログでお話されてたんです。
もちろん僕もその発言だけで洗脳されて、真に受けたわけではないのですが、一番好きな「ポラロイドの時間」は、何故だか「配ろう!」と言う思いに駆られてしまったのです。

以前、マスターことねじ屋さんに、「ひでゆきさん、吟遊詩人にでも伝道師にでもなって、銀塩カメラを広めてください」とメールで言われたことがあります。
on and onさんのオーナーも、先日の5時間のトークの中でしきりに銀塩の行く末を案じてみえました。
そんなこんなで、カメラ歴一年半な半人前にも満たない僕ですが、何か銀塩カメラ、レトロカメラのために出来ることはないかと考えてた所だったと言うのもあるかも知れません。

とにかく、この本をカメラに興味のある人、アンティークなものに興味のある人、この本自体に興味の湧いた人に配ることで、何か少し…ほんの少しでも銀塩の未来を変えることが出来たらなと思って、始めた活動です。

これ以外にも、銀塩カメラを守るために、小さいことをコソコソとやってみようと考えてます。

実際、既に4冊は新たな持ち主の元に旅立ちました。
ご本人は冗談っぽく話されてましたが、実際配ってみると、なんかホントに幸せな気分になれましたし、今回の活動を始める前に、別の理由もあってon and onさんにお送りしたところ、思いもよらない幸せになって帰ってきましたからねぇ(≧∀≦)

そんなわけで、また何冊か買い増しして、銀塩カメラ、ポラロイド、藤田一咲さんを世に広めるため、コソコソトと活動していくことにします☆

ホントは、本自体の詳しい紹介もしたいのですが…ちょっと睡魔が…ごめんなさい。また次回m(_ _)m
  1. 2007/10/23(火) 00:42:21|
  2. 出来事・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Alpha1SEの写真二枚

SX-70 Alpha1SEで撮影した写真を2枚載せます

海賊
20071016194715.jpg

昨日、名古屋大須の公園で撮影しました。ブランコの支柱が、海賊の顔になっています。

ハーフカメラ
20080623_0002.jpg
今日on and onさんから届いたフラッシュを試しに使って撮影しました。
届きたてのフラッシュで、届きたてのカメラを撮る・・・楽しいですねぇ☆

テーマ:Polaroid - ジャンル:写真

  1. 2007/10/16(火) 19:59:07|
  2. SX-70
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

衣替え!!

20071016135618.jpg

on and onさんから、楽しみにしていた荷物が届きました。

オートハーフEFを、ドレスアップしていただいたのです。
オートハーフのほかに、先月お店にお邪魔した際に購入した、SX-70用のフラッシュや、ポラロイド600用のバッグも同梱していただいてます。

EFの胴回り、革の部分を、キャメルカラーの本革に貼り替えていただきました。
ポラロイドSX-70の、モデル2以降によくある配色パターンをイメージしました。

手にもしっかり馴染んで大満足です(^-^)

ちょっとレトロ度も増したかなって感じで、これを持ってお出かけするのが楽しみになりました☆

僕が中古屋さんのジャンク棚から救出してから、内部はマスターことねじ屋さんに修理して頂き、外観はon and onさんにカッコ良くして頂いた色んな職人さんの手のかかったカメラ・・・。
大切に使っていきます☆

テーマ:ハーフサイズカメラ - ジャンル:写真

  1. 2007/10/16(火) 15:12:02|
  2. カメラ紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

素敵なお菓子到着!!

昨日は一日中仕事でした。

業種は詳しくはここでは公表しませんが、昨日の晩、アルバイト二人と僕が残っていると、その日に勤務のないアルバイトの女の子が、ひょっこり顔を出しました。

シフト表の確認やなんかで、休みの子が顔を出すことはよくあるのですが、その子はそれプラス、手作りの洋菓子を、残ってる僕らに届けに来てくれたのです☆
うちのアルバイトたちは、それぞれに色んな立場で気の利く子達で、とても助かるし、暖かみがあります☆

到着したのは、かわいらしい、お芋とレーズンのプチケーキでした。
20071014225728.jpg

出来立ての洋菓子なんて、もう何年も食べたことありません。

焼きたてで、まだ温かいそのお菓子を、とてもおいしく頂きました( ´∀`)
ありがとー(≧∀≦)

さて、一通りの仕事を終えて二人のアルバイトを帰した後、30分ほど僕だけ残業をしたのですが、そのときに、最後の一個もいただきました☆

ブログ用に写メ撮って…ぺろっと……し……しまった( ̄□ ̄;)!!
こーゆーかわいらしいお菓子は、SX-70で撮るべきだったぁ!!!
  1. 2007/10/15(月) 08:11:59|
  2. 出来事・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大好きな本が…何冊も!?

20071014001046.jpg

エイ出版から出ている藤田一咲さんの本「ポラロイドの時間」です。

複数冊あります。

なぜ?

以前の趣味で集めていた玩具なら、似たような商品でも、バージョン違いとかあるんですけどね。

本なので、そーゆーわけではありません。

ちょっとした計画と言うか、思いついたことがありまして、とりあえず五冊買ってきました。

さぁ…これからどうなるのか…謎を残して今回の更新はここまで…!

それにしても、大好きな本が、同じ本が自室で何冊も並んでるなんて…ちょっと壮観ですね☆
  1. 2007/10/14(日) 00:21:03|
  2. 出来事・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

御稲荷さん

SX-70を買った翌週ぐらいの撮影です。

大須で撮りました。フィルムはSX-70ブレンドです。

手前の御稲荷さんにピントを合わせて、奥がボンヤリと、一眼レフカメラの楽しさを、この時初めて知りました。

20071006003659.jpg

テーマ:Polaroid - ジャンル:写真

  1. 2007/10/06(土) 00:37:19|
  2. SX-70
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来訪者の皆様に感謝♪

プロフィール

ひでゆき

Author:ひでゆき
自称半人前写真家です。
(本職は・・・内緒!)
使っているカメラ達は・・・
Ricoh Auto Half SE2
Ricoh Auto Half EF
Polaroid SX-70 alpha1 SE
Polaroid Poison Flog
Polaroid supercolor635
HOLGA 120FNW
AGAT 18K
Kodak WINNER
demekin
などなど、かわいい感じのカメラ達です。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。