ひでゆきの半人前写真生活

半人前写真家(half size cameramanと読みます)ひでゆきの、カメラと過ごす日々の日記や写真公開、手に入れた楽しい雑貨紹介のためのブログです。 仕事が休みの日、楽しいカメラ達を連れてお出かけしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オートハーフは2種持っています。

オートハーフ


今日は、僕の愛機中の愛機、オートハーフを紹介します。

上はオートハーフSE2、下は同じくEFです。

SE2は1976年の発売、EFは1978年の発売です。
僕の持っている個体が、何年の発売かはわかりませんが、僕もこの頃に生まれたので、「同級生カメラ」として親しんでいます。

古き良き昭和の雰囲気を醸し出しながら、近未来的な(ある意味、後に生まれるデジカメのデザインの面持ちすらある)感じもするそのデザインにほれ込み、欲しくなりました。
両方とも、ジャンク扱いの物を安価で手に入れ、信頼できる修理屋さんに治して頂き、今に至ります。

EFの方は、最近修理から戻ってきたのでまだ使っていませんが、SE2は、もう何百枚も写真を一緒に撮った、信頼できるパートナーです。

見ての通り、EFにはフラッシュが付いていますが、その他基本的な機能は同じで、フィルムの巻き上げは、何とゼンマイで行います。
シャッターを切ると、次の瞬間「ウィーン」という音と共に、フィルムが1コマ送られます。この音がたまらないんです!!

名前の「ハーフ」が示す通り、ハーフサイズカメラと言って、1960~80年代に流行った、通常の35ミリフィルムを二分割に使って、撮影枚数が倍撮れると言う仕組みのカメラです。
24枚撮りを入れれば50枚弱撮れるので、フィルムの消費を気にせずに、どんどん撮れる楽しいカメラです。

ちなみに、僕のここでの肩書きの「半人前写真家=half size cameraman」は、カメラマンとしてまだまだ半分以下という意味と同時に、ハーフサイズカメラの使い手という意味を含めた、ダブルミーニングなのです。

昭和の未来と、日本人の技術の詰まったこの機種。
一度、そのゼンマイの音を聞いてみることをお勧めします。

・・・必ずハマりますから☆

スポンサーサイト

テーマ:ハーフサイズカメラ - ジャンル:写真

  1. 2007/08/30(木) 00:57:45|
  2. カメラ紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ひまわり | ホーム | 重機>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://halfsizecameraman.blog117.fc2.com/tb.php/4-f2ca5206
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

来訪者の皆様に感謝♪

プロフィール

ひでゆき

Author:ひでゆき
自称半人前写真家です。
(本職は・・・内緒!)
使っているカメラ達は・・・
Ricoh Auto Half SE2
Ricoh Auto Half EF
Polaroid SX-70 alpha1 SE
Polaroid Poison Flog
Polaroid supercolor635
HOLGA 120FNW
AGAT 18K
Kodak WINNER
demekin
などなど、かわいい感じのカメラ達です。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。